2010年04月24日

徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は19日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先として検討されている鹿児島県・徳之島で反対集会が開かれたことについて、「大変なエネルギーだ。これだけ集まったのは一つの民意だと理解すべきだ。そういう民意も勉強しながら、政府として移設先を真剣に考えたい」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は、今後、徳之島に正式に移設を打診するかどうかについては言及を避けた。

【関連記事】
内閣支持率3割切る 新報道2001調査
「首相は外交も下手だし、詰めも甘い」社民・阿部氏
普天間移設「首相は命がけ」 国民新党・下地氏
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会
普天間移設 首相は決着に政治生命を
外国人地方参政権問題に一石

「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
仕分け第2弾会場、東京・日本橋の貸し会議室(読売新聞)
普天間、強気で対米交渉を=国民新・亀井氏(時事通信)
「ポスト盗まれた」長男110番=家族も通報、対立深まる−一家5人殺傷・愛知県警(時事通信)
posted by セキ マナブ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。