2010年05月24日

弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)

 弁護士資格がないのに知人らから過払金返還請求を請け負って本人訴訟を起こしたなどとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、元簡易裁判所職員で旅行代理業の飯坂忠久容疑者(43)=大阪府富田林市向陽台=を逮捕した。特捜部によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、多重債務を抱える知人5人から計約800万円分の過払金返還請求権を譲渡されたと装い、平成19年7月〜20年11月、報酬目的で大阪地裁などに金融業者を相手取り本人訴訟を起こすなどしたとしている。

 関係者によると、飯坂容疑者は代理人としての活動を隠すために、知人に架空の債務を負わせた上で過払金の返還請求権を譲り受けて相殺したという嘘の公正証書を作成するなどしていた。この際、知人側の代理人として自分が経営する旅行代理店の従業員を公証役場に派遣したこともあり、知人らも偽装を了承していた可能性が高いとみられる。

 飯坂容疑者は昭和60年4月から平成4年7月まで、大阪簡裁など大阪府内の簡裁で事務官として勤務していたという。

【関連記事】
「弁護士バー」4月12日オープン 店名は「リーガルバー六法」
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発

警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い―広島県警(時事通信)
ギョーザ袋の穴見逃し「捜査ずさん、誠に残念」(読売新聞)
高速新料金6月実施不可能 スタート全くめど立たず(J-CASTニュース)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
平塚のタクシー運転手殺害 死因はCO中毒(産経新聞)
posted by セキ マナブ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。