2010年06月10日

「ギザギザハート」熱唱も…地元の新首相(読売新聞)

 市民運動家から国会議員、首相にまで駆け上った菅直人氏。地元では行きつけの飲食店主らが、素顔の新首相を語った。

 ゆかりの人からは「鳩山さんのようにならないで」と、期待とともに心配の声も上がった。参院選を間近に控え、選挙の顔となる新首相。野党側からは「連帯責任」と冷ややかな声も上がった。

 「私が紅白歌合戦に出るか、菅さんが総理大臣になるか競争しましょう」。菅新首相は先月29日、武蔵野市中町のレストラン喫茶「上床(うわとこ)」に妻伸子さん(64)、長男源太郎さん(37)と姿を見せ、店主、上床敬子さん(71)と語り合った。同店は「特許・日本一ヘタな歌手」が売りのユニークな店。同じビルに菅氏の事務所があり、よく同店を訪れる。33年来の付き合いの上床さん。「人情のあるシティー派。国会でガンガンやるけれど、本当は優しくて思いやりのある人。菅さんなら政権も長く続くわよ」と熱く語った。

 同じ日、事務所近くの居酒屋「婆娑羅(ばさら)」にも、家族と事務所スタッフを連れて立ち寄った。約25年前からの常連。以前、「最近の民主党はだめじゃないか」と居合わせた客に腕をつかまれたが、「長い目で見てくださいよ」と新首相は笑顔で応じたという。

 店主の大沢伸雄さん(62)は「誰とでも分け隔てなく接する。総理は忙しくて来られないかもしれないけど、頑張ってほしいね」とエールを送った。

 新首相の私設秘書を1994年から6年間務めた松本清治・同市議(40)は、「(新首相は)何事にも絶対にあきらめない。『イラ菅』と言われるけれど、人の陰口や悪口を聞いたことがない」と語る。普段は温和で、カラオケで「ギザギザハートの子守唄」を気持ちよさそうに歌うこともあるという。

 ファーストレディーとなる妻の伸子さんは4日夕、自宅前で報道陣に「これから重いです。大変です。お祝いは(新首相本人に)伝えていません」と言い残し、足早に車に乗り込んだ。

 一方、菅氏も参加した社民連時代から交流のある東大名誉教授で政治学者の篠原一さん(84)。厚相時代に薬害エイズ問題への取り組みで人気を得た菅氏について、「個人の突破力で何とかなったが、今回は、一国の首相。普天間問題などのように政権内外で問題に対処するチーム作りが出来るか」と指摘し、「1人で突っ走った鳩山さんのようにはならないでほしい」と話す。

 新首相は山口県宇部市の出身。同県出身者で作る防長倶楽部の会員で、山口出身の首相としては9人目となるだけに松永勝人事務局長は「誇らしい気持ち」と声を弾ませた。だが、同県出身の安倍晋三元首相が短命に終わっただけに、「今度は長く続いて、国際的にも信頼を得られるようになってほしい」と語った。

<原発>10事業者は保守管理の問題なし…保安院(毎日新聞)
<強盗傷害>男性殴られ重傷 愛知・豊明(毎日新聞)
<鳩山首相退陣>新首相「初仕事」は支持率回復 参院選結果、進退に直結(毎日新聞)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
ウアルカイシ容疑者 民主化要求姿勢 会見で再度示す(毎日新聞)
posted by セキ マナブ at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ワクチン接種の家畜、2〜3日後処分へ…西都市(読売新聞)

 宮崎県西都市の橋田和実市長は27日、早ければ2〜3日後に口蹄疫のワクチン接種をした家畜の殺処分を始める意向を示した。

 宮崎県庁で記者団に語った。

 橋田市長は県庁で山田正彦・農水副大臣らと非公開で面談。市長は、殺処分される前に家畜の価値を正しく評価することや、殺処分は農家の畜舎ではなく埋却地で行うことなどを求め、副大臣も了解したという。市長は「農家は愛情を持って育てた家畜を自分の農場で殺したくない」と話した。

 県が実施したワクチン接種は、26日までの5日間でほぼ終了。西都市では約200農家が対象だった。

「キャリア段位」導入へ=非正規の待遇底上げ―政府(時事通信)
<陸山会事件>辻恵民主副幹事長、検察審事務局に説明求める(毎日新聞)
国の失業支援融資金を詐取 大阪の会社、強制捜査へ(産経新聞)
首都圏で歯科展開の医療法人社団が破産(医療介護CBニュース)
<日中韓首脳会談>3カ国の若手演奏家が三重奏披露へ(毎日新聞)
posted by セキ マナブ at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)

 弁護士資格がないのに知人らから過払金返還請求を請け負って本人訴訟を起こしたなどとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、元簡易裁判所職員で旅行代理業の飯坂忠久容疑者(43)=大阪府富田林市向陽台=を逮捕した。特捜部によると容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、多重債務を抱える知人5人から計約800万円分の過払金返還請求権を譲渡されたと装い、平成19年7月〜20年11月、報酬目的で大阪地裁などに金融業者を相手取り本人訴訟を起こすなどしたとしている。

 関係者によると、飯坂容疑者は代理人としての活動を隠すために、知人に架空の債務を負わせた上で過払金の返還請求権を譲り受けて相殺したという嘘の公正証書を作成するなどしていた。この際、知人側の代理人として自分が経営する旅行代理店の従業員を公証役場に派遣したこともあり、知人らも偽装を了承していた可能性が高いとみられる。

 飯坂容疑者は昭和60年4月から平成4年7月まで、大阪簡裁など大阪府内の簡裁で事務官として勤務していたという。

【関連記事】
「弁護士バー」4月12日オープン 店名は「リーガルバー六法」
非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部
「特上カバチ!!」表現めぐり温度差 弁護士会VS行政書士会 
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
地で行く“カバチ” 鳥取の行政書士を非弁活動で告発

警部補を書類送検、懲戒免職=駐在所でわいせつの疑い―広島県警(時事通信)
ギョーザ袋の穴見逃し「捜査ずさん、誠に残念」(読売新聞)
高速新料金6月実施不可能 スタート全くめど立たず(J-CASTニュース)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
平塚のタクシー運転手殺害 死因はCO中毒(産経新聞)
posted by セキ マナブ at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。